MENU

水素水を自宅で作成する場合、どんな方法論があるの?

水素水 画像水素水は健康・美容・アンチエイジング・ダイエットなど

様々な効果が期待できることから近年注目されています。

 

水素は抜けやすい性質を持っているため、自分で水素水を
作って水素がたっぷり含まれた新鮮な状態で摂取したいと
いう方向けの商品も数多く販売されています。

 

自宅で水素水を作成する場合どんな方法があるのか、
またそのメリットやデメリットについてご紹介します。

 

 

水素発生器タイプ

水素水を毎日定期的に摂取する場合におススメのタイプです。
自宅に設置する大型タイプから、持ち運びできる小型タイプ、
水素発生には電気分解タイプや分離生成タイプがあります。

 

≪メリット≫
・最初の設置費用以外のコストが安上がり
・設置場所や使い方に合わせてサイズやタイプを選べる

 

≪デメリット≫
・最初に設置費用が必要
・年月の経過による製品劣化により水素濃度が低下する

 

 

水素サーバータイプ

水素水 画像

 

飲料用のウォーターサーバーと同じタイプで、ミネラルウォーター
や水道水に水素を溶かし水素水として飲むことができます。

 

タンクタイプや水道水と連結できるタイプ、冷水・温水・常温が
選べるタイプのサーバーもあります。

 

≪メリット≫
・大量の水素水を作れるので、大人数が集まる場所や家庭向き
・その場で自分好みの量に調節して飲める

 

≪デメリット≫
・設置場所を取る
・初期費用がかかる
・レンタル料やメンテナンス料がかかる

 

 

水素発生剤&耐圧ボトルタイプ

水素水 画像

 

水素発生剤を耐圧ボトルに入れ数時間放置すると
水素水になり、充填タイプの水素水よりも水素濃度が
高い水素水を作成することができます

 

≪メリット≫
・初期費用がかからずコスパに優れている
・メンテナンスを必要としない
・高濃度の水素水を簡単・手軽に作成できる
・水以外の飲み物にも使用できる

 

≪デメリット≫
・水素水が出来上がるまでに時間がかかる
・直ぐに飲まないと水素濃度がどんどん下がっていく

 

 

タブレットタイプ

パウダー化された水素をタブレット状にした
もので、水に溶かして水素水にします。

 

≪メリット≫
・コスパに優れている
・簡単・手軽に作れる
・ミネラルやビタミンが調合されているタイプもある
持ち運びに便利な小サイズ

 

≪デメリット≫
・加工時に添加物が混入するケースがある
・作成後は徐々に水素濃度が下がるので直ぐ飲む必要がある

 

 

スティックタイプ

水素水 画像

 

マグネシウムなどを含むプラスチック製のスティックを水の中に
差し込むことで、水素を発生させ水素水を生成するタイプです。

 

≪メリット≫
・持ち運びやすく、外出先でも使用できる
1本3ヶ月〜1年ほど使える
・コスパが良い

 

≪デメリット≫
・メンテナンスやクリーニングが必要
・1本の使用期間は長いが、効果は徐々に下がる
・水素水作成後は水素が抜けやすい
・マグネシウムの過剰な摂取が気になるケースがある

 

 

このように水素水を自宅で作成する場合、
タイプによってメリットやデメリット、コストや
メンテナンスなど様々な点が異なります。

 

水素水に飲み慣れている方は一度に大量の水素水を作れる
サーバータイプがおススメですが、初めて飲む場合は1回分ずつ
個包されたパウチタイプやボトル缶タイプを試してみて、自分に
合った好みのタイプを探してみると良いでしょう。